最強プロモーション・心理コントロールの仕掛け人・プロデュース・ブランディング・集客コンサルティング
2017年09月10日
[人・物・情報:尾崎友俐の今週の注目コーナー☆]◆『あるひとりの女の子が情熱だけでテオ・ヤンセンを口説いて沖縄の風に巻き込んじゃったと言っても過言ではない物語』

テオ・ヤンセンって知っていますか?
無数に動く骨組みがゼンマイ仕掛けの、それでいて魂がこもったような、、
風の力だけで動く、動くといっても不思議な動き方で動く、、
ジブリの世界から飛び出したような、夢の世界の乗り物のような。

見ないと説明が難しいーー!
(まずここからは下記にある公式サイト
theojansenokinawa.comを見てみてください!あー!!これね!!知ってる知ってるーー!となるはず。)

彼女も15年前のある日。TVの番組に釘付けになってしまったテオヤンセン。
彼女とは、、滋賀県生まれの近江ちゃん(近江と書いてチカエちゃん!と読みます)
その番組は【世界のTVCM】という特集をしていて、外車のCMに起用されていたテオヤンセンを偶然見つけてしまったのだそう。その動き美しさ躍動感!見たらそれはイチコロですものね。
でも、普通はイチコロになって、瞼の奥にそっと大事にしまっておく人が多い中、彼女は違った。そのテオが日本に来る!絶対に見に行きたい!この目で見たい!!!と、思ったけど、だけどだけど、時期はお盆、、そこまで行くのには飛行機代だけで往復何万円もする、、
お店の営業もあるし(彼女は素敵なCaféのオーナー 詳細は下に)
彼女はとっても悔しかったのだそう。悔しくて悔しくて、ダーーーーっと、長蛇のメールを、しかも日本語で送ったのだそう! しかもしかも写真付で! 笑
【テオヤンセンと一緒に沖縄の風を感じたい・・・】
するとなんと、一つ目のミラクルが起こった。
お返事が来たのです!テオ・ヤンセンのエージェントさんから!
エージェントさんとしては、びっくり仰天だったそう。だって、そんなアプローチで個人レベルの人からの熱いプロポーズは彼女が初めてだったのですって!
最初は、企業じゃないと難しいんじゃないかな?小さいのから始めては?との先方の方針だったそう。まあ、それはそうですよねぇ。輸送コストやら場所確保やら広告宣伝費やら、やっぱり個人レベルじゃ無理でしょ!!と、誰もが思ってしまうところ、愛と友情の賛同者が次々と現れ、彼女の情熱の風に巻き込まれる人がどんどん増えていったのです!(私も!!)

ミラクルはその後もどんどん巻き起こるのです。まずはお金。最初のお金。そんなにすんなりお金って集まりませんよね。どうやって集めようかーー。でも期日がーー!!ええい!貯金全部はたいて、身の回りのものも全部売っちゃえ!でも足りない!!、、、などなど、最初は大変だったそう。私が10年通っている美容室【mariseri】のオーナー・ユンタさんも発起人であり委員会の中心人物なので、ヘアカットの度に苦悩と葛藤を実況中継で聞いていたのでよーーーーく事情は理解していました。
でも、色々とミラクルがひとつひとつ起こり始めて、、風が吹き始めたんです。風です。風〜〜!!書いてる私も今も鳥肌が立ってしまいます。だってこれまたミラクルなのが、なんと9月13日に宮沢和史さんとのトークショーが、この展示会のプレイベントとして開催されるのです!
宮沢和史さんといえば、【風になりたい】ですよ!!!
近江ちゃんの夢である、【沖縄の風でテオヤンセンを!】と、宮沢さんの【風になりたい】とのコラボレショーンって!いったいどんなミラクルなんでしょう!?
しかも、近江ちゃんが沖縄に移住するきっかけって宮沢さんの【島唄】だったっていう、、、
まさに奇跡の島・沖縄ですね。
そう。沖縄って島です。
沖縄には古くからの素敵な言葉がいろいろとあって、
  南ぬ風    ・・・  ぱいぬかじ  南から吹く風のこと
  ヤナカジ   ・・・  二月の風で悪い風
  北風     ・・・  ニシペー(北ですがニシと読みます)
などなど、島人はいつもいつの季節も風を感じて生きているわけですね。
沖縄県立美術館・博物館での展示では、様々な沖縄の風とテオヤンセンとの表現を工夫を凝らして見せてくれるそうですよ!!
あーー楽しみです。
私もすっかり彼女の情熱の風に巻き込まれていますので、微力ながら宣伝マンとして、サポーターすることになりました!!

近江ちゃんは、沖縄の子供たちがテオと出会って、どんどん可能性を広げて行ってくれたらなあ、と今からワクワクしているそうです!

協賛企業も、まだまだ募集中です。
子供たちの可能性と未来のために、大人たちの忘れかけた夢のために、、
ぜひ見て感じてはいかがですか?

◆【宮沢和史さん、テオ・ヤンセンと沖縄の風を語る】@Café UNIZON
日時  2017年9月13日(水)18時30分開場
入場料 1000円+1ドリンク(500円)
場所  カフェユニゾン
    沖縄県宜野湾市新城2-39-8 MIX life-style 2F
問合せ 098-896-1060 info@cafe-unizon.jp


◆公式サイト テオ・ヤンセン展 theojansenokinawa.com
〜生命を与えられた芸術が、沖縄の風をまとい、今歩き出す〜
会期  2017年10月3日(火) − 2017年11月11日(土)
会場  沖縄県立博物館・美術館(平日9時〜18時  金・土9時〜20時)
098-941-8200
    

◆主催  テオ・ヤンセン沖縄展覧会実行委員会
所在地  沖縄県那覇市壷屋1-7-20 プラヌラ(近江ちゃんの素敵なカフェ)
https://tabelog.com/okinawa/A4701/A470101/47009474/
問合せ  theookinawa@gmail.com